ゴルフの世界進出

オチョアが引退して、宮里藍が念願の世界ランキング1位になりました。宮里選手の会見を聞く限りでは「勝って兜の緒を締めよ」という感じで謙虚に1年通じてランキング1位を維持していくということでしたが、これはもう快挙と言っていいでしょう。宮里藍選手は最近日本のツアーはUSLPGAツアーが無い場合に出場したりしていますが、国内の大会に出ない間日本女子ゴルフの賞金ランキング群雄割拠しています。さすが去年の賞金女王横峯さくらと思わせるゴルフもありましたが、日本人プレーヤーでここまで2回優勝している選手はいません。宮里選手は既に米ツアー4勝なので、いかにこの数値がすごいことかわかります。変わりに外国勢の躍進がすごく同じアジア勢のレベルが上がってきているのかもしれません。先週の全米オープンでは日本人男子ゴルファーは太刀打ちできませんでしたが、それでもまだ10台の石川選手が2日目まで検討。ミケルソン、ウッズといったトッププレーヤーと比べれば経験差が有るわけで、これから数年間の間にもっとレベルアップできると思います。大会に来場するギャラリーの数も増えてきているようだし、横峯選手も米ツアー挑戦と世界で通用する第二宮里藍が期待されます。

広告を非表示にする