ゴルフ場の経営

ゴルフ場経営で減益・赤字のゴルフ場が多くなっているという記事が最近出ていました。ゴルフ場に限らず最近は不景気といわれていますので、どこの業界も厳しいことには変わりないのかもしれませんが、減益や赤字の要因のひとつとしてゴルフ場までのアクセスというも大きな要因かと思います。最近はネットのゴルフ場予約サイトでどこも格安のプランをだしていますから、そうなるとコースの格ももちろん重要ですが、泊りがけでない限りやはり友達通しのプレーなどではアクセスがよいゴルフ場を選ぶと思います。加えて近くのゴルフ場も当然集客のためにプレーフィを下げてきますので価格の体力勝負になってきていることも考えられます。そもそもゴルフ人口に加えてゴルフ場が多い(供給が多い)ということかもしれませんが、平日のプレーフィーとメンバー入れ替わりによる名義書換料収入が落ち込んでいることも要因としてあるかもしれません。ゴルフ場のメンバー数が減れば当然年会費収入がなくなりますし、メンバーの入れ替わりがなければ高額といわれる名義書換料が入ってきませんので、大きな痛手となります。ゴルフ会員権相場表も落ち込んでいますしそもそも高価なゴルフ会員権を購入する人も減っているのだと思いますが、こうした状態が続くとゴルフ場への設備投資にまわす金額が低くなり、そうすると設備面、サービス面でのほころびが出てしまい結果的に集客が減っていくという悪循環に陥る可能性があります。お客さんをどこに絞って周りのゴルフ場とどう差別化していくか、各ゴルフ場とも集客へのツールを模索しているのだと思います。

広告を非表示にする