読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千葉県で2週連続男子ゴルフツアー

3連覇を目指していた池田勇太選手が予選落ちというブリヂストンオープン(袖ヶ浦CC)2日目。このツアーで3連覇となると実に実に13年ぶりの快挙だったのですが残念。千葉県出身の池田選手としては開催されている袖ヶ浦カンツリークラブ袖ヶ浦コースは昔からプレーしたことがあるはずだと思いますが、歯車がかみ合わなかったのだと思います。2日間終わって通算8アンダーの単独首位は昨日に続いて宮本勝昌選手。それを1打差で追うのがフジサンケイクラシックに勝った諸藤将次選手、そして3位には1打差で4人がひしめき、キャノンオープン(戸塚カントリー倶楽部)を勝った久保谷選手やベテランの谷口選手がつけ、5アンダーの7位タイには3人がつけています。この7位タイには昨日の10位タイからスコアを伸ばした石川遼選手もつけています。久保谷選手は先週の日本オープンでも優勝したベ・サンムン選手とプレーオフまで戦っていますから10月に入って非常に調子が良いのですね。大混戦の予選ラウンドですが、開催されている袖ヶ浦カンツリークラブ袖ヶ浦コースは千葉県のゴルフ場ということもあり、週末石川選手含めて上位争いを展開しているようだと明日、明後日と多くのゴルフファンが集まりそうです。後は天候が恵まれれば最高ですね。