タイ選手権

タイのアマタスプリングCCで行われていたタイ選手権で石川遼選手がホールアウトした模様で順位的には未だ最終確定はしていないものの、60位前後と想定されます。この大会で結果を出して来年のマスターズ出場を確定させたかったところですが、4日間自分のゴルフをさせてもらえなかった印象があります。トップのリー・ウエストウッド選手が-20前後で独走しており、2位にはチャール・シュワーツェル選手がつけて追っています。改めてトップレベルの凄さを見ていて思いました。ただ、数多く出場した日本人選手の中では丸山大輔選手と平塚哲二選手が10位以内に入って健闘しています。映像を見ていないので何とも言えませんが、最終日後半の追い込みで少しでも順位を上げてもらいたいと思います。既に冬場のオフシーズンになったゴルフですが、今週のニュースではゴルフ会員権相場が底をつけているというニュースが流れていました。今年前半は震災の影響もありゴルフ場も苦労しましたが、まだまだゴルフ景気の回復までには至っていないようです。石川遼選手初め来年の海外メジャーに向けて、オフシーズンのトレーニングに期待したいところです。

広告を非表示にする