読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国内最高峰日本オープン折り返し

男子ゴルフの日本オープン選手権は茨城県の茨城ゴルフ倶楽部東コースで開催されています。全長でも7,320ヤードあるから相当距離が長い今年の開催。今年はそこまでラフが深くはないなので、リカバリーショットはそこまで負担がかからないようですが、やはりフェアウェイキープが絶対条件で、難しい名門コースの設定に各選手手こずっているようです。今日も午後からNHKで中継があるようですが、これから後半2日間は入れ替わりで順位が変動しそうで見ている方としても面白い展開になりそうです。2日目が終わって単独首位に立ったのは野仲茂選手(所属は横浜カントリークラブ)。ツアー1勝で日本オープンは3度目の出場というベテラン。出場できなかった年もあるくらいですから何とか最高峰に位置付けられる本ツアーで結果を残したいところです。2位には甲斐慎太郎選手がつけて、3位には好調維持の片山晋呉選手と小田孔明選手がつけています。ショットの安定度と言えば先週優勝した藤本佳則選手ですが、今大会では残念ながら予選落ちです。女子ゴルフは富士通レディースが東急セブンハンドレッドCで開催されています。こちらは3日間開催ですが、初日は馬場ゆかり選手と井斧美保子選手が-5で首位。1打差で今年絶好調のゴルフを見せている吉田弓美子選手がつけ3位タイで藤本麻子選手と笠りつ子選手が続いています。先週ツアーで森田理香子選手が今年の賞金総額1億円を突破したばかりですが、今年は日本勢が上位を独占する例年にない展開を見せており、終盤戦に向けても盛り上がっています。横峯さくら選手は出遅れてしまったようですが、予選突破に向けて2日目頑張ってもらいたいと思います。