読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レベルの高いツアー

今シーズン初のメジャーツアーであるクラフト・ナビスコ選手権(アメリカカリフォルニア州ミッションヒルズCC)では初日初挑戦となった上原彩子選手が首位と4打差の23位発進となり、2日目が終了して今年メジャーツアー初優勝を目指す宮里藍選手がこの日4アンダーの68と高スコアを出して一気に12位タイまで浮上しました。メジャーのためのコース設定となっており、コースマネジメントのむずかしさが問われるツアーでもありますが、しっかりと2日目に結果を出してきたのは凄いこと。初日は風の影響で距離感を取りづらく53位タイと出遅れてしまいましたが、初日の借りをすべて挽回する完璧なゴルフを見せてくれました。前述の上原彩子選手もこの日72でまとめしっかりイーブン。まずまずのゴルフを見せてくれています。残念だったのは今年から米ツアー本格参戦となっている有村智恵選手。通算6オーバーで無念の予選落ちとなってしまいました。国内のヤマハレディースオープン葛城は3日目が終了し、ここで韓国のイ・ボミ選手が一気に首位に浮上しました。今日は天候の影響でスコアを落とす選手が続出。暴風雨になる予報が出ていましたから、コースマネジメントとの戦いになったと思います。今年まだ優勝争いに絡んでいなかったイ・ボミ選手ですが、ここにきて2位の大山志保選手に2打差をつけるリード。昨年のゴルフから決して大崩れしない選手ですので、おいかける大山選手はじめ3位タイに入っている横峯さくら選手にとっては強敵になる相手だと思います。せっかく春らしい陽気になってきた4月のゴルフですが、天候の悪化には逆らえません。ここにきてゴルフシーズン到来ということもありどこのゴルフ場も盛況な状態で、最近は若い男性・女性の姿も多くなってきました。その分スコアがまだよくない方も多いのかもしれませんが、ゴルフ人口が増えていくというのは今後のゴルフ業界を考慮しても非常に重要なことだと思います。景気の回復なのかもしれませんが、ゴルフ会員権時価も上昇しており、再びゴルフブームが起きそうな予感です。女子ゴルフの場合はファンサービスなど手厚い対応を行うことでスポンサー数も増えておりますし、今年に入って若い初優勝を飾る選手が増えています。森田理香子選手はじめどんどんスター候補の選手が出てきているので今年の女子ゴルフは楽しみな年になりそうです。