読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

難関コースで開幕する今年の全英女子

先週は北海道で石川遼選手が劇的な逆転勝利で2年ぶりの国内ツアー優勝となりました。最後は今や日本を代表するトッププロの小田孔明選手とのプレーオフによる息詰まる熱戦で見ていて非常に面白かったです。今週は海外ツアーに転じて週後半から全英リコー女子オープンが開幕します。日本人選手は11人の参戦で出場選手全員がトッププロという最高峰のツアーです。今年はロイヤルバークデールゴルフクラブで開幕予定で、海外の本格的なリンクスで出場する選手たちがどれくらいやってくれるのか楽しみです。もうアメリカツアーベテランの宮里藍選手はじめ、2012年大会では4位に入った宮里美香選手はリンクスの怖さを知り尽くしているかと思いますが、初出場となる野村選手、成田選手、渡邉選手などは難易度が高いロイヤルバークデールに初出場でどこまで粘るゴルフができるか注目したいです。また、昨年女王に輝いた森田理香子選手には昨年の65位以上の成績を残せるよう頑張ってもらいたいです。リンクス、海沿いのコースで風が四方から吹き各ホールごとにコンディションが変わってくるかと思います。コースマネジメントは当然ですが、環境面でもタフで風を計算にいれながらゴルフをできる選手が上位に上がってくると思います。距離はそれほどないと言われているロイヤルバークデールですので、各選手の攻め方、風を計算に入れたショットなどいろいろと見どころの多いツアーになりそうです。ロイヤルバークデールでは2010年以来の開催となりますが、耐えるゴルフをどこまでできるか。世界のトッププロとどこまでわたりあえるか注目の一戦です。