華のある選手

日本でもトップクラスの選手が集まるダンロップ・フェニックス(フェニックスCC)は初日11位だった松山英樹選手が2日目に1イーグルを最終18Hで出して一気に単独首位になって折り返しました。1打差の2位タイにはI・H・ホ選手とJ・スピース選手が付けています。松山選手にとってはアメリカツアー挑戦のスケジュールもあり、ダンロップフェニックスが今シーズンの最終戦となります。3日目の今日もスピース選手と同組で競り合ったようですが、話題を独占しつつ最終日を迎えることになります。今のところの速報では2打差で単独首位。今の実力ならばこのまま逃げ切りも可能そうです。さすがは昨年圧倒的な強さを見せた賞金王です。女子ゴルフトーナメントは国内ツアーは残り2戦。大王製紙エリエールレディスオープン3日目は鈴木愛選手が単独トップで最終日を残すことになりました。今年日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯(美奈木ゴルフ倶楽部)でも優勝を飾っており、上り調子の若手選手です。単独2位には横峯さくら選手。横峯選手は今年未勝利で、昨年は4勝しているだけに、何としてもシーズン初優勝をという状況だと思います。国内ツアーは男子も女子も残りツアー数が少なくなっていますので、一ゴルフファンとして残りの試合を楽しみたいと思います。

広告を非表示にする