読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

驚異的なスコアで首位浮上、日本オープン開催コース

男子ゴルフは今週は日本オープン兵庫県の六国国際GCで開催されています。昨日驚異的だったのは小平智選手でなんと難コースと言われる六甲国際GCで62というスコアを出し、一気に首位に立ちました。小平選手に続き2打差で追いかけるのはアマチュアの金谷拓実選手で若手の選手2名に昨年の覇者池田勇太選手が追いかける展開です。まだ2日間終わった時点で今日から後半戦に入っていますが、まだひと波乱、ふた波乱ありそうな雰囲気です。歴史ある日本オープンですが、2010年(キム・キョンテ、愛知CC)、2011年(ベ・サンムン選手、鷹之台CC)こそ韓国人選手の勝利でしたが、2012年以降ここ3年は日本人選手による優勝が続いています。2012年(久保谷健一選手、那覇GC)、2013年(小林正則選手、茨城GC)、2014年(池田勇太選手、千葉CC)。今年は海外からマスターズ覇者のアダム・スコット選手が来日参戦したりと日本オープンらしい格式ある大会となっています。トップ選手が集結するこの大会で残り2日小平智選手が逃げ切りを図れるでしょうか。調子は絶好調で昨年の日本オープンでは池田勇太選手と優勝争いを行い惜しくも1打差及ばず2位タイ。惜しくもビッグタイトルを逃しており今年にかける思いは強いと思います。くしくも池田勇太選手は今度は僅差で追いかける展開。ベテランの域に達し選手会長でもある百戦錬磨の池田選手とのデッドヒートにも注目です。なお、日本オープンは毎年開催コースを変えて実施されています。来年2016年は埼玉県の名門、狭山ゴルフ・クラブが予定されています。今年開催されている六甲国際ゴルフ倶楽部は開場から40年以上の歴史を持ち、ヤーデージは7,416ヤードと距離もかなりありタフなコース設計です。名門コースと呼ばれるコースは比較的古いコースが多いので六甲国際GCはその中では比較的新しい部類のコースになるのではないでしょうか。1996年には帝王ジャック・ニクラウスによる監修の元コースの大幅改修も行われています。先日プロゴルフトーナメントが開催された石岡ゴルフ倶楽部もニクラウスの設計ですし、同じ茨城県のGolf5カントリーサニーフィールドなどもニクラウス設計で日本には多くの設計コースが点在しています。神奈川県の清川カントリーもJ・ニクラウス設計のゴルフ場です。プロゴルフトーナメントが開催されるコースも多く、一度はこうした名設計家が設計したコースでラウンドしてみたいと思います。