岩田選手の健闘

PGAツアーAT&Tペブルビーチで岩田寛選手が4位フィニッシュと大健闘しました。本人のコメントを見ると、後悔の念が大きかったように感じますが、最終日最終組でしかもあのミケルソン選手と同組というプレッシャーのかかる中でのゴルフでしたが、4位でフィニッシュできたことは非常に意味があると思います。昨年から積極的にアメリカゴルフツアーに参戦しており、ようやく環境面で慣れてきて調子が上がってきたという事でしょうか。ビッグネームと肩を並べて善戦できたことは優勝争いをしていた悔しさとは反対に大きな収穫もあったと思います。優勝したV・テイラー選手は39歳で岩田寛選手よりも年上の苦労人との事。35歳の岩田選手はまだまだこれからです。岩田選手はその前のファーマーズインシュランスオープンでも18位とここ2戦成績が安定してきています。昨年は北海道のザ・ノースカントリーゴルフクラブでセガサミーカップでも優勝しており、一昨年はフジサンケイクラシック(富士桜CC)でも優勝しています。しかもこの時の優勝はプロ11年目にして初優勝という遅咲の選手でもあります。30代半ばから積極的に海外トーナメントに参戦し、徐々に結果が出てきているので、これからベテランらしいゴルフでどんどん上位進出を目指していってもらいたいものです。松山英樹選手が先日フェニックスオープンを勝ったばかりで、4月のマスターズに向けて調度いいタイミングで優勝することができました。これから春のゴルフシーズンに突入し見どころの多いトーナメントもどんどん増えてきます。マスターズを今年の一度目の頂点として、日本人選手の海外での活躍も楽しみにしたいです。

広告を非表示にする