タイトル争い

男子ゴルフも女子ゴルフも10月後半となり佳境になってきました。昨日のブリヂストンオープンは小平智選手が初日91位から大逆転勝利を飾りました。小平選手は3日目に6②という驚異的なスコアで一気に上位進出して、最終日上位の選手がスコアを伸ばせない中、67で凌いで2位の李京勲選手の猛追を1打差凌いでの今シーズン初勝利となりました。前回が優勝が昨年の日本オープンですから、約1年ぶりの勝利となります。賞金ランキング逆転を狙う谷原秀人選手は10位、賞金ランキングトップの池田勇太選手は50位でした。現在男子ゴルフの賞金ランキングは1億円を突破しているのは池田勇太選手と谷原秀人選手のみ。これにキムキョンテ選手が僅差で続き、3人による賞金王争いになってきたような感じです。キムキョンテ選手は過去2回賞金王になっているベテランのため、これからの終盤戦に大きく崩れることはないかと思います。谷原選手、池田選手ともにはじめての賞金王となりますので、これからの終盤戦はプレッシャーがかかるトーナメントが多くなると思います。男子ゴルフは残り6戦終盤戦までわからなくなってきました。女子ゴルフも先週の延田マスターズGCレディースで笠りつ子選手が優勝争いを演じ、残念ながら優勝とはなりませんでしたが、2位タイでフィニッシュし、賞金ランキングを着実につみあげています。気が付けば1位のイボミ選手と3千万円差。この差は大きいですが、今の笠りつ子選手であれば逆転の可能性もあります。若手の鈴木愛選手も1億円突破しています。イボミ選手の安定感は抜群ですが、終盤の追い上げあるでしょうか。女子ゴルフの場合は残り5戦となり、こちらも賞金女王争いに注目です。

広告を非表示にする