税務、損益通算

ゴルフ会員権価格の低迷に関するニュースが出ていましたが、年末から年明けになると確定申告の季節がきます。既に会員権を持っているゴルファーの方で買い替えや売却を検討している方にとっては、売却時の所得については通常の株式などの通算方法と異なる形での課税となります。具体的にはゴルフ会員権の所得は、事業所得や給与所得など他の所得とゴルフ会員権は損益通算ができます。通常、株式の売却による譲渡益はその年の株式と相殺して相殺するものですが、会員権の場合は前述のように所得などと通算できるので、最近プレーをしなくなっているゴルファーの方や値下がりで売却を検討されている人にとってはありがたい制度となります。ただし、会員権の保有期間によって計算方法が変わります。またゴルフ場経営会社が倒産した時などはゴルフ会員権損益通算ができない場合もあります。会員権は株価と連動するなどといわれていますが、今年の年末は景気はどうなるでしょうか。年末に向けて少し早いかもしれませんが、今回はゴルフ会員権税務、損益通算について記載しました。

広告を非表示にする