ゴルフ会員権相場

名門ゴルフ場での相場下落についてニュースが出ていました。プロゴルフツアーが行われるようなコースでも震災の影響もあって、法人を中心とした売却の動きが出ているようです。バブルの時は億単位の価格が付いたコースもありましたが、現在はそれから数分の一の価格となっています。名門コースの価格が下落することは、当然もっとゴルフ会員権価格が安いコースにも波及しているはずです。記事によれば今回の名門コースのゴルフ会員権相場下落の原因のひとつは、震災の影響による法人の売却が一因ということでしたが、時代の流れの中で法人が資産を整理するというのは今後も考えられることだと思います。また、名門コースに限らず、最近ゴルフ場の元気がなくなっている要因の一つに、ゴルフ人口が増えていないというのが有るかと思います。これからゴルフを始める人、およびゴルフから遠のいているプレーヤーを復活させるなど色々ゴルフ全体で対策をしていく必要があります。特にゴルフをする回数が以前に比べて減ってしまった人は、なぜ減ってしまっているのかの分析も必要かと思います。一時期に比べてコンペを実施する企業も少なくなってきたと聞きます。また、最近増えているとされる女性ゴルファーの底上げや親子でゴルフを楽しむ層の拡大など、色々と各ゴルフ場ごとに対策が必要な時期と言えるかもしれません。

広告を非表示にする