ゴルフ1年

先週の開幕戦では女子ゴルフの新星の誕生で盛り上がりましたが、今週はヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ(土佐カントリークラブ)が2日を終了。首位に並んでいるのは不動裕理選手、全美貞選手、上原彩子の3人。アンダーパーが首位を走る3名のみという厳しい展開が続いています。一方海外のプエルトリコで行われているプエルトリコオープンで日本から出場している石川遼選手は2日目スコアを伸ばして一気に3位まで浮上。前日21位でしたので一気に順位を上げることになりました。すでに招待選手としてマスターズ出場が決まっているだけに、ここは残り2日間優勝争いにからんでもらいたいと思います。明日で東日本大震災から1年がたち、昨年の今頃はツアーが中止になるなどいろいろな影響がゴルフ全体で出ていたと思います。昨年前半は外資系のアコーディアゴルフやPGMの決算などを見ても入場者数が減っていましたし、そのほかのゴルフ場でも大きくプレーヤー数が落ち込んだと言われています。特に福島県の近隣のゴルフ場は原発の影響などもありいろいろと大変な一年間でしたが、今年は無事にツアーも開催されておりなおかつ季節的にもこれからゴルフをしやすい時期になりますので一気にプレーヤーの数も増えてくると思います。プロゴルフ界では若手選手の台頭しており、なおかつ宮里愛選手はじめ海外ツアー挑戦組も大きな仕事をやってもらえそうです。今年は無事に進めばゴルフファンにとって非常に面白い一年になりそうです。

広告を非表示にする