読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見ごたえある男子ゴルフ

明日からGWの後半戦で男子ゴルフは中日クラウンズが愛知県名古屋GC和合で開幕しました。難攻不落と言われる本コースですが、日本女子プロゴルフ選手権も数年前に確か開催されていたはずでこの際は4日間で馬場ゆかりが制した記憶があります。先週の男子ゴルフツアーでは東北福祉大在学中の松山英樹選手がプロ転向後2戦目で初優勝を飾りました。最後は外国人選手との一騎打ちになりましたが、バーディー合戦の緊迫した展開。両者一歩も引かずの攻防に見ていて爽快なゴルフでした。これからもっともっと勝っていくだろう期待の星に今週も注目ですが、初日は近藤共弘選手が69でラウンドしただ一人のアンダーパーを記録して首位に立ちました。プロゴルファーでも難攻不落と言われる和合だけにスコアにやはり結果があらわれています。4日間の初日が始まったばかりですが、こうしたコースは天候などを予測しながら我慢のゴルフができた選手に強みがあります。勢いだけでなく慎重にコースの攻め方を考えスコアを落とさないようにしていかないと随所にハザードが潜んでいるためスコアが伸びません。注目の松山英樹選手は近藤選手から離されること3打差の10位。まだまだ優勝圏内と言えるでしょう。マスターズ閉幕後開幕したばかりの男子ゴルフですが、今年は選手エージシュートを記録したジャンボ尾崎選手はじめ話題が豊富に出ています。石川遼選手が海外ツアーを主戦場にしているため、どうしても国内ツアーの注目が下がりそうでしたが、先週の見応えある一騎打ちはじめ池田勇太選手会長中心に人気拡大に向けてあらゆる施策を講じていますので、選手たちの熱い戦いが続けば女子ゴルフ同様の人気を博してくるかと思います。まだまだ始まったばかりではありますが、本調子に戻っていない藤田寛之選手の復活はじめ若手、外国人選手、ベテラン選手交えてのレベルの高い戦いを楽しみたいしたいところです。