読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大舞台での上位争い

女子ゴルフメジャーの全米女子オープンゴルフ(ペンシルベニア州)で日本から挑戦している大山志保選手が第2ラウンドを終えて3打差2位で折り返しというビッグニュースで3日を迎えました。3日目はスコアを伸ばせませんでしたが、それでも貫録の単独4位、首位のエイミー・ヤン選手とは5打差に広がりましたが、最終日優勝のチャンスがあることに間違いありません。大山選手にとってこの大会は3度目の挑戦になりますが、38歳のベテラン、2006年には国内ツアー賞金女王ですから、最終日もベテランらしいゴルフに期待が高ります。現地ではファーストフードを食べたりと、現地の環境になれて伸び伸びプレーできているのも素晴らしいと思います。メンタル的にも崩れる選手ではありませんので、この3日間のように伸び伸びとプレーできればチャンスが見えてきます。

 

葭葉ルミ選手と鈴木愛選手もイーブンパーの12位タイと善戦しており、これに1オーバーで横峯さくら選手が続いています。今年は挑戦している日本人選手の予選突破率も高く、特に横峯さくら選手は百戦錬磨のベテランですから、最終日どんなゴルフをしてスコアを伸ばしてくるのかも楽しみです。明日早朝からの最終日4日目、開場1900年という100年以上の歴史があるLancaster Country Clubで各選手どこまでスコアを伸ばせるか。朝早いのが大変ですがテレビ見られるようであれば頑張っておきたいと思います。

 

男子ゴルフはミュゼプラチナムオープン2015が開催されていましたが、初代チャンピオンはキムキョンテ選手となりました。過去の日本のツアー賞金王ですし、今日のようなゴルフが夏場も続けば今年もランキング上位に進出してくる選手かと思います。日本人選手最高成績は池田勇太選手の5位で、今週は外国人選手の上位独占となりました。次回以降のツアーでの日本人選手の巻き返しに期待したいところです。